生駒山登山! まさに「酷道」308号線!

どうも、みっきーです。

明後日8/12から富士山に登ってくるのですが、その練習として先週末に生駒山に登ってきました。

私は大阪に住んでいるので、手軽に行けるそこそこな山ということで生駒山に行ってきました。

最初は金剛山と迷ったのですが、遠いので生駒山です。

(まあ標高は金剛山のほうが高いんだけどね。)

ただ、生駒山は金剛山と違いほぼ平地からのスタートになるので、まるまる6~700m上がったことになります。

スポンサーリンク

石切神社からスタート

大きな門が印象的です。

今回もなかなか綺麗に写真撮れました。(ブログなので画質落としてるのでなんとも言えませんが)

一応9MPで撮影しているので、画像を別ウィンドウで開いていただけば高画質で閲覧できます。(^^)

その後、しばらくの間一般道を歩きます。

しばらくはごくごく普通の住宅街です。

すると、少しずつ、傾斜がつき始めます。

国道308号線についたらしばらく山の方へ歩き続けます。

これが国道308号線です。上から下を見下ろしている画像ですが、かなりの傾斜になっていることが解ると思います。

ちなみに、国道308号線とは、大阪市内を貫く「中央大通」のことです。

市内では、片側4車線の計8車線もある巨大な道路ですが、端っこに来るとこんなことになっているんですね。

ちなみに、この308号線はずっと進むと山を超えて奈良の方へ向かいます。

別名「暗峠(くらがりとうげ)」と呼ばれています。

写真はまだ住宅街の中ですが、山の中に入って行くと更に傾斜がきつくなります。

最大勾配は30°を超えています。

しかも、コンクリート舗装されたのはたった2〜30年前のことなんです。昔は完全な砂利道が続いていたそうです。

こんな看板が普通に置かれていますからねwなにが一般国道やねんと言いたくなります。

まさに国道308号線は「酷道」です。

そして、山の中に入っていくとこのような建物が出てきます。

なんと、国道の横にトイレがあるんです!

おそらく登山客用のトイレだと思いますが、もうここの道路は車用と言うより登山道という感じですね。

ずっと舗装路を歩いても面白くないので、額田園地というところに入り、本格的に山登りが開始です。

かなりの山の中です。

遠くに大阪市内が見えます。

写真ではわからないですが、アベノハルカスがみえていました。

この辺に来ると携帯電話は圏外になります。

国道の辺ではかろうじてつながっていた場所もありましたが(それでも3Gと圏外をさまよう状態でしたがw)、額田園地の中に入ると完全に電波を拾えません。

そこから小一時間登り続けると巨大なアンテナが見えてきます。

各種テレビ局とNTTのアンテナがありました。

その先をしばらく進むと遊園地が見えてきます。生駒山上遊園地、その奥に生駒ケーブルがあります。

山頂では、携帯はしっかり4Gの電波をつかめました。

生駒でこれですから、富士山登るときはあまり携帯は期待しないほうがいいかもしれません。

とりあえず、オフラインマップを使えるようにしておきました。

今回のルートです。

電波をつかめなかったところは直線になっています。

それでは、山登りの際は安全に気をつけて!

みっきーでした。

スポンサーリンク
広告336280